株式会社ヨコタテック
本社 大阪府吹田市山田市場5-2
TEL 06-6877-2666 FAX 06-6877-5478

HOME会社情報業務内容募集要項アクセスマップお問合わせ



地質調査
  地質調査の流れ
土質ボーリング
岩盤ボーリング
海上調査
地すべり調査
トンネル調査
建築基礎調査
構造物基礎調査
下水道基礎調査
港湾施設調査
   
土壌汚染調査
井戸工事
河川・砂防・道路
電子納品







岩盤ボーリング
岩盤ボーリングを行う場合、先端ビットは、岩盤の硬さや種類によりメタルやダイヤモンドなどを選定します。
削孔は、エンジンの動力により回転しながら、地盤を掘削し、岩盤をコア状(円柱状)に採取します。
試料はコア箱に整理するので、岩盤の状態が実際に観察出来ます。
山地の場合は、調査地の地形に合わせて足場を仮設し、人肩(短距離)、特装車(平坦地)、
モノレール(傾斜地)、索道(山地)などによる機材搬入が必要となります。
又、掘削には清水が必要で、河川水をポンプアップし、利用します。

テーラー運搬
【特装車】


  モノラック搬入
【モノラック搬入】


     
ボーリング作業
【ボーリング作業】

  検尺
【検尺】

コア観察
○コア硬軟
A:極硬(割れない)
B:硬(金属音)
C:中硬(割れる)
D:軟(砕ける)
F:極軟(土砂状)
○コア形状
T:長さ50cm以上
U:長さ50〜15cm
V:長さ15〜5cm
W:長さ5cm以下
X:角礫状
Y:砂状
Z:粘土状
[:採取不能
○コアの割れ目
a:密着
b:変質無し
c:変質有り
d:認識できない
○コア風化
α:非常に新鮮
β:新鮮
γ:弱風化
δ:岩芯まで風化
ε:強風化
○コア変質
1:非変質
2:弱変質
3:中変質
4:強変質


会社情報業務内容募集要項アクセスマッププライバシーポリシー問い合わせ
Copyright(C) yokotatech , All rights reserved.