株式会社ヨコタテック
本社 大阪府吹田市山田市場5-2
TEL 06-6877-2666 FAX 06-6877-5478

HOME会社情報業務内容募集要項アクセスマップお問合わせ



地質調査
土壌汚染調査
  土壌汚染とは
土壌履歴調査
土壌試料採取
土壌汚染状況調査フローチャート
   
井戸工事
河川・砂防・道路
電子納品







土壌試料採取

土壌の試料採取では、採取コアの力学的な乱れよりも、化学的な原位置再現性が重要となります。従って、掘削に際しては採取試料の二次汚染を防ぐために、無水で掘削作業を進め、掘削時の発生熱を極力避けた方法で掘削を行います。又、各種の低騒音マシンを保有しています。



エコプローブ

静音バイブロにより、ハイパワーマシンなのに静かな掘削が可能 。
回転スピンドルと高周波バイブロの併用により、迅速な土壌のサンプリングが可能。(掘削深度20m)コアの発熱を押えた無水高速サンプリング 。

4トン車での運搬と自走による機動性をあわせもちます。


ECO-3V

ハイパワーマシンなので、汚染地下水浄化のための4インチサイズの観測井戸仕上げができます。バイブロドリルにより低騒音無水削孔で、発熱を抑えスピーディに削孔及びサンプリングすることができるので、揮発性有機塩素系化合物の調査も正確にできます。4トン車での運搬と自走による機動性をあわせもちます。



ECO-1VU

バイブロドリルにより、打撃式削孔機なみの削孔速度。金属打撃音がまったく無く、騒音が大幅に低減します。無水で削孔ができるので、泥水による汚染物質の拡散を防止できます。発熱を抑えてサンプリング可能なので、揮発性有機化合物の調査も正確に行えます。2トン車での運搬と自走ができます。



マルチインパクトサンプラー

本サンプラーは、環境調査における表層の土壌を迅速かつ品質良く採取するために作りました。対象土質に合わせて色々な方法で貫入作業が可能。               (ハンマーによる打撃も可能)試料はビニールスリーブで採取され、二次汚染の確率が低い。構造が簡単なので、清掃、洗浄が容易。軽量なため運搬、作業が容易。




ヨコタテックの土壌汚染状況調査
土壌ガス調査の手順
採取孔の作成 保護管の設置
   
 

              気体(ガス)の採取


 



会社情報業務内容募集要項アクセスマッププライバシーポリシー問い合わせ
Copyright(C) yokotatech , All rights reserved.