株式会社ヨコタテック
本社 大阪府吹田市山田市場5-2
TEL 06-6877-2666 FAX 06-6877-5478

HOME会社情報業務内容募集要項アクセスマップお問合わせ



地質調査
土壌汚染調査
井戸工事
  井戸工事の様子
井戸の改修工事
   
河川・砂防・道路
電子納品







井戸の改修工事
井戸の完成後、揚水を継続することにより取水量の減少、井戸水位の低下、スクリーン目詰まり等、種々の障害が生ずることがある。
このような井戸においては井戸改修工事を行い、井戸の機能回復を図ることが可能です。

井戸改修工法の例
工法 概   要 工 法 図







ケージング管内径より2〜3mm程度大きめの円形ブラシを上下させることにより、スクリーン部およびケーシング内部の付着物を掻き落とす工法である。







ケーシング管内にピストンの役目をするサージプランジャーを挿入し、上下させながらピストン動作を与えて、管内に負圧を与え目詰まりを取り除く工法である。一般的にはブラッシング工法と兼ねて行う。






鋼製のベーラーにより管内の堆積土砂を取り除く。あるいはエアーリフト管を孔内に設置し、コンプレッサーによる圧縮空気を送り、エアーリフトにより土砂を地上に揚げる。








ジェッティングタンクの上下に遮水板を取付け、洗浄区間を遮水しスクリーン部および砂利充填部の目詰まりを噴射ノズルで圧力水を噴射しながら洗浄する工法である。








既設ケーシング内にケーシング、スクリーンを二重に設置するもので、既設管との間には充填砂利を設置する。
 
図に示すグラフは井戸改修前後の揚水量の変化、運転水位の変化を段階揚水試験結果で示したもので井戸の機能回復が顕著に表れた例といえます。

井戸改修前後の揚水試験結果



【ケーシング管内のカメラ撮影映像】
 
水中井戸カメラによる井戸診断


【二重ケーシング工事】


会社情報業務内容募集要項アクセスマッププライバシーポリシー問い合わせ
Copyright(C) yokotatech , All rights reserved.